Blenderのクローンブラシについて

Blenderのテクスチャペイントにクローンブラシというものがあります。

アイコンがスタンプ?なのですが、スタンプを想像して使ってみると、あまりの意味不明さに面喰います。

今回はこのクローンブラシについて紹介します。

クローンブラシ使い方まとめ

クローンブラシを使うには、テクスチャペイントモードに入り、左側のツールシェルフからクローンブラシを選択します。

ブラシの設定は、他のブラシと同様に、右側のツールシェルフから変更します。

クローンブラシでは、Paint Slotを使うモードと使わないモードで大きく機能が異なります。

Clone from Paint Slot なし

このモードでは3Dカーソルがペイントの基準となります。

3Dカーソルをセットするには、ctl + 左クリックを押します。注意点として、オブジェクト上にしかセットできません。

オブジェクトに3Dカーソルをセットすると、カーソルを中心としたビューがブラシのテクスチャとなります。

Clone from Paint Slot あり

※微妙にちゃんと動いてないっぽいです。使用頻度が低いので、公式がどこまでメンテナンスしているのか不明です。

Clone from Paint Slotにチェックを入れると、3Dカーソルがビューから消失します。

このモードでは、テクスチャ(UV1)からテクスチャ(UV2)へ転写できます。

….が、なぜかTexture SlotsのモードがMaterialだと、うまくいきません。

モードをSingle Imageに切り替えて

  • Texture Slotsに塗る先のテクスチャ
  • Source Clone Imageに塗る元のテクスチャ

をセットします。

また、塗る元のテクスチャが参照するUVをSource Clone UV Mapから指定します。

これで、UVからUVへの転写ができます。

ところで、気が付きましたか? これ、ベイクと同じなんですよ。

クローンブラシは、部分的にベイクできる、というなんともいえないブラシでもあるんです(-_-;)

ベイクについては以下の記事にまとめてあります。ぜひご覧になってください。(というか、転写はこっちの方が楽です)

まとめ

正直いって、使いどころは多くないです。

自分も記事のネタにするために調べてみて、今回初めて知ったことの方が多いです。

気になって検索してみた方の助けになっていれば幸いです。

Blenderのテクスチャペイントについては、こちらの記事にまとめてあります。ぜひこちらもご覧になっていってください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です