Rigidbody.constrainsで特定の軸だけをスクリプトから解放する【Unity C#】

Rigidbody.constrainsですが 、スクリプトから操作するときに指定できるものがあらかじめEnum型として決まっています。

None 制限なし
FreezePositionX X 軸の移動をさせない
FreezePositionY Y 軸の移動をさせない
FreezePositionZ Z 軸の移動をさせない
FreezeRotationX X 軸の回転をさせない
FreezeRotationY Y 軸の回転をさせない
FreezeRotationZ Z 軸の回転をさせない
FreezePosition 移動させない
FreezeRotation 回転させない
FreezeAll 移動と回転をさせない

上の一覧のとおり、Rigidbody.constrainsには、特定の軸だけを解放するという値は用意されていません。

一方で、特定の軸だけは解放したい、という場面は結構あります。ところが、 「z軸の回転だけは解放したい」といった場合に、 以下のようなコードを書いてしまうとうまくいきません。

    private void UnlockRotationAxisZ()
    {
        rigidbody.constraints = RigidbodyConstraints.FreezePosition;
        rigidbody.constraints = RigidbodyConstraints.FreezeRotationX;
        rigidbody.constraints = RigidbodyConstraints.FreezeRotationY;
    }

このコードの結果は、以下のようになります。

RigidbodyConstraints.FreezeRotationYは、Y軸の回転だけをロックした状態、という意味なのです。ほかのコンストレインツがどうなっていようが、お構いなしに上書きしてしまいます。

本来は、こうなってほしいはずです。

こういう状態にするには以下のようにコードを書かなければいけません。

    private void UnlockRotationAxisZ()
    {
        rigidbody.constraints = RigidbodyConstraints.FreezePosition
            | RigidbodyConstraints.FreezeRotationX
            | RigidbodyConstraints.FreezeRotationY;
    }

見慣れない演算子がでてきたかもしれません。|はビット演算子の一種です。

以上のように、特定の軸だけを解放したコンストレインツを設定するには、すこし注意が必要です。

上のビット演算子は、公式のドキュメントのサンプルコードには登場するのですが、特に注意書きがあるわけでもないので、見逃してしまう人も多いでしょう。

自分もすこしハマってしまったので、同じような状況に出くわした人の助けになれば幸いです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です