【初心者向け】UnityのPackage Managerからプラグインを導入する

ひと昔前のUnityでプラグインを導入するには、パッケージ化されたプラグインをインポートするという古典的なスタイルでした。

しかし、ver.2018からパッケージマネジャーが導入され、公認のプラグインはここで一元管理されることとなりました。

unityでプラグインを導入するには、以下の通りに行います。

プラグイン導入まとめ

パッケージマネジャーのウインドウを呼び出す

パッケージマネジャーはWindowから呼び出します。

バージョンを選ぶ

プラグインを導入するなら、 基本的に最新バージョンにします。

古いバージョンを利用するならSee all versionsから選べます。

最後に右下のInstallを押します。

プレビュー版を導入

プラグイン一覧に名前が見当たらない場合はそのプラグインがpreview段階かもしれません。

プレビューバージョンはAdvancedからShow preview packagesをオンにすると出現します。

追記: Unity2019.4より、ストアで購入したアセットも導入できるようになりました

割と大きなアップデートです。PackageManager経由で購入したアセットを導入できるようになりました。これで、わざわざAssetStoreタブを開かなくてもよくなったので、非常に便利になりました。アセットを購入した際は、ぜひここからインストールしてみてください。

まとめ

おすすめのプラグインはUnityRecorder、VisualEffectGraph、ShaderGraphです。触ったことがないなら、ぜひこの機会に試してみるといいかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です