誰でもできる!!photoshopでノーマルマップを作る

CG制作において最も重要なテクスチャは、ノーマルマップといっても過言ではないかもしれません。

ノーマルマップの出来がモデルの出来に大きく影響するので、これを丁寧に作ることは重要です。

しかし、手早く効率的に作るにはツールの活用はかかせません。

今回はphotoshopを使ったノーマルマップの作り方について説明します。

ノーマルマップの作成手順まとめ

photoshopのツールバーからフィルター > 3Dを選択。そして「法線マップを生成…」をクリック。

すると、ウィンドウが立ち上がるので、パラメータを調整します。

ぼかしは基本入れないほうがいいです。ディテールが潰れます。

最後にOKをクリック。

注意点

範囲指定はできない

範囲を指定して、一部だけをノーマルマップ化することはできません。

一部だけに効果を適用する場合は、レイヤーマスク等を利用してください

あくまで近似

隣接したピクセル色の差分を取っているだけなので、物理的に正しいわけではないです。

キャンバスサイズと画像サイズを合わせる

キャンバスより画像が小さいと、ノーマル化したときににじみがでます。

画像サイズに合わせたキャンバスを新規作成してノーマル化してください。

まとめ

たったこれだけでノーマルマップが作れます。

ただし、これだけで3Dモデルのノーマルマップが完成することはありえません。

ノーマルマップの素材づくりとして利用するのがいいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です