Robloxでアイテム装備時の向きを調整する

アイテムを装備した時に、アイテムがどの向きを正面とするかを調整します。Tool以下のpartを回転させただけでは反映されないので注意が必要です。

装備時の向きを決定する

プロパティにあるAppearanceから、Grip Forwardに方向を入力します。なお、ここに入力する数値は単位ベクトルです。

例えば、x軸方向を正面とする場合、入力する数値は1, 0, 0となります。逆にz軸方向を正面とする場合は、0, 0, 1となります。逆方向に向ける場合はー(マイナス)を付けて、0, -1, 0とかにします。

モデルの座標軸を確認するには

モデルがどの方向を向いているのかを確認するには、Model > Moveをクリックして、ギズモを表示させることで簡単に確認できます。

まとめ

シーン内のオブジェクト向きを調整しただけでは、装備したときの方向までをコントロールできないので注意しましょう。

また、入力する数値が単位ベクトルとなっていて、小中学生にはすこし難しいかもしれません。なかなか思った方向に向かない場合は、試行錯誤を繰り返してみてください。

Robloxに関する開発Tipsは、こちらの辞書引きページがおすすめです。ぜひ、こちらから参考になるページを探してみてください!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です