【Blender2.8】Remove Doublesはどこにいった?

Blender2.8が公開されてからやや時間が経ちましたが、Eeveeやスカルプティングの機能向上から久しぶりにBlenderに触ったという人もいるでしょう。

Blender2.79から2.8にかけて、かなり大幅な変更が入ったため、従来の機能をみつけられないことが多々あります。

特によく使用するRemove Doublesがツールバーより削除されていたことに、困惑した人も少なくないでしょう。

Remove DoublesはMerge by Distanceに変更

「Remove Doublesはありまぁーーーすぅ!!」(某女史風)

…えぇ、あります。名前がMerge by Distanceに変わっただけです。

新機能? そんなものはない

名前が変わったんだから、きっと新機能があるにちがいない!!

っと思ったあなた。

残念でした、これといってアップデートはありません。名前が変わっただけです。

そもそもRemove Dobleって、なんのためにあったのか?

読者の中には、Blender2.8から触ったという人もいるでしょうから、Remove Doubles、もといMerge by Distanceの使い道について説明します。

モデリングをしていると、まちがえて面を押し出してしまうことがあります。

その場でやり直しをすればいいのですが、気が付かずにモデリングを続けると、面が重なった状態になってしまいます。

これは、言い換えると、頂点が同じ座標に二つ存在している、ということです。

この重なった頂点を削除する機能がRemove Doublesというわけです。

実際には削除しているのではなく、距離に応じて、Merge(結合)しているのです。

今回の名前変更は、オペレーションにより即した命名にしたのだと思われます。

まとめ

Merge by Distanceを使おう!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です