マテリアル生成ソフト「QuixelMixer」の使い方

UnrealEngineを開発しているEpicが提供している「Quixel Mixer」をご存じでしょうか。Quixel Mixerは、非常にリアルなマテリアルの作成に特化したソフトです。

今回はこのQuixel Mixerの使い方について紹介します。

Quixel Mixerとは

Quixel Mixerとは、無料で使えるPBR(物理ベースドレンダリング)マテリアルの作成ツールです。基本的に、無料で使えます。

PBRとは、できるだけ現実世界の物理法則を再現したシェーダー技法の一つで、複数のテクスチャを使いつつリアルな見た目を再現することができます。

Quixel Mixerの基本的な使い方

導入方法からモデルの読み込みまで紹介します。

導入方法

こちらのページ(公式HP)から、無料でダウンロードすることができます。

インストール時に、TexturePackにもチェックを入れてインストールします。こちらは、サンプルのテクスチャとなっており、容量が大きいため保存先のディスク容量には注意してください。

use HTTP Proxyは、プロキシーを使ってる人でなければチェックを入れなくて大丈夫です。
基本的には、チェックを入れずにインストールを進めてください。

起動にはEpic Gamesのアカウントが必要になります。アカウントを取得していない人は、取得しておいてください。

基本動作

PROJECTSの+ボタンより、新規のプロジェクトを作成します。

任意の名前を付けて、Addを押して下さい。

次に、作成したプロジェクトを選択しながら、右上の+New Mixをクリックしてください。

次に、名前とテクスチャサイズを指定し、OKをクリックします。テクスチャサイズは後からでも変更できますので、とりあえず1kや2kを選んでおけば問題ありません。

このような画面が出てくれば、準備完了です。

ビューポートの基本操作は、以下のとおりです。

Alt +左クリック回転
中クリック移動
中ホイールズーム

ビューポートの表示変更

1~0キーで表示するテクスチャの種類を変更することができます。表示中のモードは、ビューの左上から確認することができます。

「↑キー」や「↓キー」で環境マップを変更することができ、モデルの反射具合を比較することができます。

独自モデルの読み込み

独自モデルを読み込むには、Setup > MODEL SETTONGS > Type のPlaneを、Custom Modelに変更してください。

なお、モデルを更新した場合は、Reimport Modelをクリックすることで、モデルをリロードすることができます。

Quixel Mixerのマテリアルについて

Quixel Mixerのマテリアルには、通常のマテリアルとスマートマテリアルの2種類があります。

マテリアルの読み込み方法

画面左上のLocal Libraryをクリックします。

マテリアルの一覧が表示されるので、任意のマテリアルを選択してクリックしてください。

すると、選んだマテリアルがモデルに適応されます。

スマートマテリアルとは

スマートマテリアルとは、複数のマテリアルとマスクがセットになり、あらかじめセットアップされているマテリアルです。

スマートマテリアルの読み込み方法

普通のマテリアルと同じように、Local Libraryからスマートマテリアルを選択して読み込みます。「CATEGORIEES」からSmartmaterialsにチェックを入れるとスマートマテリアルだけを表示できます。

マスクの使い方

マスクの使い方については、こちらにまとめました。ぜひこちらをご覧ください。

マテリアルの書き出し方

Quixel Mixerで作成したマテリアルを書きだすには、ExportからExport Locationを指定して、
一番下のExport to Diskをクリックします。

書き出しの設定

チェックボックスより、どの種類のテクスチャを書き出すか選択します。テクスチャはそれぞれ、

  • Albedo(固有色)
  • Gloss(光沢)
  • Roughness(荒さ)
  • Nomal(輪郭の変化させない凹凸表現)
  • Displacement(輪郭を変化させる凹凸表現)
  • AO(光の遮蔽陰)
  • Metalness(鏡面反射)

を意味しています。

Quixel Mixerのライセンスについて

Quixel Mixerは無料での商用利用が可能となっています。ここには、インストールに同梱するMaterial Pack 1~5も含まれます。ただし、データをリッピングして転売するような行為は禁止されています。なお、Quixel Mixerで作成したテクスチャは販売・商業利用可能です。

Online素材は課金が必要

注意点として、Quixel MixerのOnline素材であるMegascansという素材集は、Megascansのライセンスが適応されます。こちらは課金が必要となっていますので、取り扱いには十分注意してください。

Megascansのライセンスについて

  • Megascansの利用には原則課金が必要です。
  • サブスクリプションへ登録すれば、Megascansを使用した素材の販売・商業利用可能になります。
  • Unreal Engineに限った使用であれば、Unreal-Unlimitedライセンスが与えられ、Megascansの利用にサブスクリプションが不要になります。これは、「Unreal Enginでの使用」と「Unreal Engin Marketplaceでの販売」に限定されていますので注意しましょう。

Mixer公式フォーラム(英語)https://help.quixel.com/hc/en-us/community/topics

まとめ

Quixel Mixerは初心者でも使い易いツールです。UnrealEngineでの使用に限ってはライセンスが緩くなっていますので、ぜひUnrealEngineで存分に使ってみてはいかがでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です